うつ病を克服出来た24の冬!
パキシルやレクサプロに救われた私

安価で買う抗うつ剤

パキシルとは有効成分塩酸パロキセチンを主成分とした抗うつ剤です。
SSRIに分類されており、選択的セロトニン再取り込阻害薬と言われております。
選択的セロトニン再取り込阻害薬とはセロトニンにのみ働きをかけます。
セロトニンは脳内にある伝達物質でセロトニンのおかげで楽しい気持ちなどを感じることができます。
通常バランスよく放出されたり、取り込まれたりするのですが、そのバランスが崩れるとうつになってしまったりします。
そこでパキシルを服用することで有効成分塩酸パロキセチンが働きかけ、再取り込を阻害してくれるのです。
SSRIは現在種類存在しています。
よくベンゾジアゼピン系の抗うつ剤などと混同されやすいですが化学構造は根本的に違います。
セロトニンに飲み働きかけるのでその分副作用が少なくなるとされています。
しかし、効果は大変強くその反面複写王を感じてる人も多いと報告されています。
パキシルは即効性が期待できるものでは無く、通常服用を続けるものです。
服用を続けることによって依存症になってしまい、薬を辞めるときに離脱症状を起こしてしまう人もいます。
離脱症状とは依存症などで急に断薬したときに起こってしまう症状の事です。
急に断薬したことで、集中力が無くなったり、震えを起こしたり、頭痛が起こったりと症状が出てしまいます。
これは体が薬に慣れてしまった事に対しておこります。
断薬するときは徐々にやめるよう医師に指示されます。
パキシルを使用中、副作用が起きた場合は必ず医師などに相談しましょう。
パキシルは大変人気の抗うつ剤で、ジェネリック薬品も販売されております。
ジェネリックは全く同じ有効成分が含まれているので効能や作用などは全く同じとなっています。
そして何より元々ある有効成分をもとに開発されているので、その分開発費が非常に安く済むので販売価格も先発薬よりかなり安くなっているのです。
服用を毎日続けるのであればやはり費用負担が少ないジェネリック薬品がお勧めとなっています。
海外からジェネリックを個人輸入することはできるのですが、購入する際はすべて自己責任となりますので、服用する際は注意しましょう。
使用方法や容量は決められた通りに服用して下さい。